« | トップページ | もしかして・・・・・・・ »

2009年7月24日 (金)

激しい戦い

今日のオールスター戦は、

目まぐるしく展開が変わる

激しい戦いでしたね

先発 ダルピッシュが打球を当て降板

と言うハプニングから始まり

7回 パリーグ打線の爆発で

勝負あったかと思われたが

8回 セリーグも猛攻で

追い上げ 9回 青木の逆転弾が

勝負を決めましたね

真剣勝負では、無い お祭りと

言われるオールスターで

手に汗 握る 素晴らしい試合でした

今日の試合の印象に残ったプレーは、

番長 三浦のスローカーブと

9回 ブランコの安打で二塁から

ホームインした赤松

めっちゃ足 速え~!!

と思ったね

それと解説席に居た 江川氏の

伝説とも言われている8者連続三振

9人目の打者 大石現オリックス監督

が放送席に途中 着ましたけど

あの時の場面 大石監督は、

以前からしきりに”ストレートが来たら

絶対に打てなかった”と言ってましたが

山本浩二氏が”何故 カーブを投げたの?”

の質問に江川氏が理由を答えず

”バッティングが旨い打者だったから

三振は、取りづらい印象は、あった”

と答えました

それは、言い訳をせず

素直に負けを認めたと言う事でしょう

もし 江川氏がストレートを投げ

三振を奪ったら 偉大な記録になった

しかし 大石監督がそれを阻止したからこそ

名勝負と言われているんですね

|

« | トップページ | もしかして・・・・・・・ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 激しい戦い:

« | トップページ | もしかして・・・・・・・ »